YouTubeを始めるならマイクにこだわれ!オススメマイクまとめ

YouTubeを始めようと思っている方、動画制作をしたことがないけど、YouTubeを使って発信していきたいと思っている方に最初に伝えたいことがあります。

失敗しないカメラの選び方とオススメカメラまとめはこちら↓

動画における音声は超大事!
なのでマイク選びを妥協しない!

動画を作っていく中で、マイク選びというのは本当に大切になってきます。
今回はそのマイク選びと音声がどうして大切なのか、そしてオススメマイクをシーン別に紹介していきます!

【なぜ音声が大切なのか】

動画を作る時、特にその動画内で何か喋っている場合その声がクリアに聞き取れるかどうかで、視聴者の維持率は大きく変わります
人間は状況判断の8割を視覚情報に頼っていると言われますが、動画においてもそれは同じです。
ですが、もし動画内で喋っている声が聞き取りづらかったら全てのセリフに対してテロップでも入っていない限り、視聴者はその動画から離脱してしまいます
それくらい音声の聞き取りやすさは大切なんです。
BGMをつける場合も、音声がクリアに録れていないとBGMがセリフを邪魔しやすいです。

【シーン別オススメマイク紹介】

「室内で自撮りで撮影をする場合 : ピンマイクかガンマイク」

室内で自撮りトークを撮影する場合は、ピンマイクでもガンマイクでもどちらでも比較的クリアにセリフを録音できます。
ただ、ガンマイクの場合は、自分がそのマイクが向いている方向にいる必要があります。
そしてマイクの近くで喋らないといけないので必然的にカメラから離れることはできません。
一方ピンマイクの場合は、ワイヤレスピンマイクの場合カメラとの距離に関わらずクリアな音声が録音できます。
コードでつながっている場合はカメラからは離れられませんがガンマイクと違ってカメラとの距離は関係ありません。

そして室内で撮影する場合は、ノイズになりうるものはあらかじめ切っておきましょう。
エアコン換気扇など、気になるものは切っておくとよりクリアに録音できます。

「野外で自撮り撮影をする場合 : ピンマイクがオススメ
(ガンマイクでも録音できるが、環境音も拾いやすい)」

野外で撮影する場合はとにかく環境音が入ってしまいます。
なのでガンマイクでセリフを録ろうとすると風の音が入ってクリアにセリフをクリアに録音できません。
もちろんマイクの先端との距離が近ければある程度セリフは聞き取れます。
ピンマイクの場合は、マイクが口元に近いので、カメラとの距離に関わらずいい音で録音できます。
ワイヤレスピンマイクの場合だとカメラとの距離を考えずに撮影することができます。
野外でも室内でも同じですが、ワイヤレスピンマイクをしておくとカメラを自由に動かしても、セリフを均一に綺麗に録音できます。
野外での自撮り撮影でもコードを捌くのが面倒な方はガンマイクでもセリフは録れるので用途に合わせて選択してください。

「自分以外の人やものを撮るとき : ガンマイクがオススメ」

自撮りではなく、自分と話している相手を撮影したり、自分の目の前でご飯を作っているところの撮影をするなど、カメラの位置と被写体がコロコロ変わるような撮影の場合はガンマイクの方がオススメです。
ピンマイクはいちいち付け替えるのも大変です。
ガンマイクだとマイクが向いている先の音を中心に録音するのでアクティブに動く撮影の場合はオススメです

==========================================================

それではここからは
オススメのガンマイクとピンマイクを
紹介していきます!


【オススメガンマイク】

RODE(ロード)のVIDEOMIC RYCOTEガンマイク
¥14,756(税込)↓

YouTuberでも使っている方が多く、ガンマイクとしての性能の高さと耐久性の高さが売り
空調の音や交通音などの低周波音を拾いづらい設計になっていて、野外での撮影でもマイク先の音に綺麗に焦点を合わせて録音してくれる。
値段は高めだが性能は抜群。

Comica CVM-V30 LITEビデオガン外付けマイク
 ¥4245(Amazon価格)↓

プロにもアマチュアにも使用されている、高品質低価格を実現した商品。
一眼レフやビデオカメラだけじゃなく、スマートフォンにも対応している
ノイズの軽減率も値段を考えると十分。
とにかく、内蔵マイクではなくガンマイクを試してみたいという初心者の方には手の出しやすい値段と満足のいく品質

=========================================================

【オススメピンマイク】

Hafoneの2.4G ワイヤレスマイク クリップマイク
¥2600↓

値段の手軽さと音質の良さで人気のピンマイク
集音機能も高く少し離れていても声だけを綺麗に拾ってくれる。
30m〜40mほど離れていても送受信することができるので、カメラから離れたところでも綺麗に録音することができる。
価格を考えるとコスパのいい商品。

Audio-technica(オーディオテクニカ) のATW-1701/L
¥48,989(税込)↓

https://www.system5.jp/products/detail56021.html

高品質なマイクと、ワイヤレスの機動性を両立した製品。
小型で軽量なためかさばらない
音質はもちろん良く、ノイズの軽減率も非常に高い。
受信機側にヘッドフォンを指して音声のモニタリングができ、手元で簡単にレベル調整をできるので便利
通信が安定していて音飛びなどがなく、とても安定した録音が可能
カメラに受信機を直接つけられるので、機動性も高い

===========================================================

YouTubeを始めたい方は、ぜひカメラだけでなくマイク選びにもこだわって
質の高い動画を作ってみてください。

関連記事↓

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です