【動画編集講座応用】PremiereのLumetriを使った簡単なグレーディング

PremiereのLumetriを使った簡単なグレーディングについて解説しました

Premiere ProにLUTを追加する方法はこちら↓

動画でご覧になりたい方はこちら↓

映像制作をしてく上で欠かせないのが、グレーディング。そもそもグレーディングとは、映像制作においての最後の行程で”映像の色味などを調節してイメージにあった映像にカラー調整する“ことを言います。つまり

映像制作においてグレーディングは超重要なんです。

本格的なグレーディングソフトとして有名な

Davinch resolve

などを使ってグレーディングをしているかたもいるかと思いますが、今回は

Premiere ProのLumetriを使った簡単なグレーディングを紹介します

まずグレーディングで一番最初にするのが、

LUTを当てるという行程です

LUTとはルックアップテーブル(英: Lookup table)の略で、簡単にいうとあらかじめ色味の調節を設定してある、フィルターの様なものです。まずこれをすべての映像に当てはめていく作業からしていきます。動画本編ではコピーペーストをしていますが、「調節レイヤー」を使って全体に当てはめる方法もあります。

最初にLumetriの中にある「クリエイティブ」の中にある「Look」から自分の好きなLUTを当てはめます。ここで全体の雰囲気を調節していきます。ネット上にも無料のLUTがたくさんあるので、自分の好きなものをダウンロードして当てはめていきます。LUTを当てはめたら、強さやフェード、彩度なども調節しておきます。

様々な無料LUTがあるページのリンクを参考に貼っておきます。↓

https://freshluts.com/

LUTをPremiere Proに追加する方法はこちら↓

そして次に、一つづつの映像を細かく調節していきます。色温度やカーブを使って微調整していきましょう。

僕自身も参考にさせていただいてる動画もリンクを貼っておきます。

グレーディングをするだけで、全く違う雰囲気の映像になります!是非お気に入りのLUTを見つけてグレーディングの楽しさを感じてください!

関連動画「Panasonic GH5 V-Log撮影したデータのグレーディング方法」↓

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です