LUMIX g 42.5mm/ f1.7レンズを使ってみたレビューと初心者にオススメな理由!

今や写真撮影はもちろん、動画撮影をする際にも圧倒的な描写力を発揮するLUMIXのカメラ。僕自身はLUMIXのGH5を使って普段の動画撮影をしています。

今回はそのLUMIXさんのんレンズ「LUMIX g 42.5mm/ f1.7レンズ」を
レビューしていきたいと思います。

LUMIX g 42.5mm/ f1.7レンズで撮影した動画はこちらです↓

僕はこのレンズを
「写真撮影や動画撮影を始めたての初心者の方」
にオススメしたいと思いました。

LUMIX g 42.5mm/ f1.7レンズの
オススメポイントは4つあります

  1. 単焦点らしいしっかりとしたボケ味
  2. 小ささと軽さ
  3. 描写力の高さ
  4. 高性能な手ぶれ補正

==============================================================

LUMIX g 42.5mm/f1.7レンズオススメポイント1
【単焦点らしいしっかりとしたボケ味】

開放f1.7なので暗いところでもしっかり明るく写りますし、
ボケ味もしっかり出ていて、単焦点レンズとして使うには申し分ないものだと思います。
そこそこ広めの絵で撮影する際にもしっかりとピントが合って、F値をあげることなく、撮影もできます。
もちろん接写能力も非常に高くて、初心者の方でも簡単にボケ味を最大に生かした撮影ができるかと思います。

==============================================================

LUMIX g 42.5mm/f1.7レンズオススメポイント
小ささと軽さ

中望遠の単焦点ですが、最初に手にとって一番驚くのはそのコンパクトな小ささと軽さです。
標準的レンズが305 gあるのに対して、LUMIX g 42.5mm/ f1.7レンズは約130gと半分以下の軽さです。
その軽さから、ちゃっちいレンズかと思われるかもしれませんが、能力はさすがPanasonicさんといったところでしょうか。
このレンズと本体だけで撮影に出かけるのであれば、かさばる事もなく撮影自体も満足のいくものが撮影できると思います。
コンパクトなので、女性でも使いやすいかと思いました。

==============================================================

LUMIX g 42.5mm/f1.7レンズオススメポイント
描写力の高さ

小さいレンズにありがちな、周辺減光や周辺解像度の劣化などは全くみられず、開放状態でも高い描写力を保ちます。
明暗のコントラストの描き分けも繊細です。
写真撮影にこだわりのある方はハイライトの繊細さに少し不満を持つかもしれませんが、全体としてバランスよくしっかり写してくれるという印象です。
キャノンやニコンのように偏りのない描写をしてくれるので、初心者の方は持つには使い勝手のいいレンズではないかと思います。

==============================================================

LUMIX g 42.5mm/f1.7レンズオススメポイント4
高性能な手ぶれ補正

中望遠のレンズとなると、気になるのが手ぶれ補正だと思います。
夜の撮影や、暗いところでのシャッター速度をギリギリにしての撮影などありまが、小さいながらも高い手ぶれ補正機能で、動画を撮影していると本当に驚きます。
僕が以前使っていたカメラがなかなか古い型のものだったので、初めてこのカメラとこのLUMIX g 42.5mm/f1.7レンズを使った時は本当に驚きました。
動画を撮影する際も、写真を撮影する際も手助けをしてくれる頼りになるレンズだと思います。

==============================================================


以上が、僕が初心者の方にLUMIX g 42.5mm/f1.7レンズをオススメする理由でした。
単焦点レンズを買いたいけど、どれにしようか迷っている方はぜひこのLUMIX g 42.5mm/f1.7レンズをオススメします!
値段もお手頃なので、ぜひ一度トライしてみてください。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です